瞬間接着剤 コントロール

超速乾・超強力液状瞬間接着剤に「ダイレクトストップ技術」を採用

瞬間接着剤 コントロール

概要

特性

  • 「ダイレクトストップ技術」を採用
  • 吸い戻し効果により液だれがない
  • 簡単できれいに使える
  • 超速乾・超強力
  • 食洗機・水洗浄OK
トップに戻る

用途

適している材質:

  • 小さな面の接着に最適です(広い範囲の接着には向きません)。皮革や硬質PVC(ポリ塩化ビニル)、ABS(アクリロニトリルブタジエンスチレン、耐衝撃性スチレン)、PS(ポリスチレン)、アクリル樹脂(プレキシガラス®)、ポリカーボネート(マクロロン®)、フェノール樹脂(ベークライト®)などプラスチック各種、磁器、セラミック、木材、金属、コルク、フェルト、布地(最初に適合性テストが必要)、ゴムなど、硬軟いずれの素材もほとんどすべて接着可能です。
  • ガラスへの使用については一部用途にのみ適します(時間が経つと接着剤の脆性が増し、強度が低下します)。
トップに戻る

使い方

使う前に:

使用条件

+10℃よりも低い温度では使用しないでください。本接着剤は湿度50~70%でもっとも良好な反応を示します。

安全上の注意

シアノアクリレート系接着剤は、水分(空気中の湿気、皮膚の水分、発汗、皮脂、涙など)のあるところでは極めて短時間で硬化します。このため使用時には特に、子供に対して、また皮膚や目への付着に対して、注意が必要です。ただし、処置しなかった場合でも、シアノアクリレート系接着剤は時間が経つと自然に分解します。

接着面の要件

接着する素材は清潔にし、水気、油脂分やホコリを取り除いた、十分に適切なものを使用する必要があります。

接着面の下準備

  • したがって、ホコリ、油脂、ワックス、分離剤は接着面から完全に取り除かなければなりません。それにはアセトンなどの適切な溶剤を使って各部を何度か拭くのが最も効果的です(溶剤は事前に確認し、素材に合ったものを使ってください!)。
  • 金属や合金の場合は、エメリー紙を使うか、またはグラインダーやブラッシングによって、表面を粗くしておくだけで通常は十分です。

使用後:

保管の方法

乾燥した、涼しい、霜の降りない場所に保管してください。+5℃より低い温度(冷蔵庫内)で保管することにより、製品を最大限長持ちさせることができます。

トップに戻る